上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お色直し完了!
2009.09.12.Sat

Comment:0*****
人前でライヴをするにあたって演奏力、歌唱力は勿論必須ですが
・・・まあ、あたしの場合その絶対的な歌唱力が欠落しているんですけれども。

「思っていたような力を出せなかった」
はい。それが貴方の実力です。

「思っていた以上の力を出せた!」
はい。奇跡です。
其のときだけのものなんです。
うまく偶然が重なり合っただけなんです。
体調とか、ライヴハウスやPAさんとの相性とか、お天気とかお客さんとか雰囲気とか、その他いろんなものが。

1389-ready.jpg

話は戻りますが、演奏力、歌唱力は必須として。
それ以外に大事にしているもの。
衣装
MC
パフォーマンス
などなど。
全てはお客さんに楽しんでもらうためのもの。
勿論、自分が楽しんでやってる部分も大いにあります!!

衣装なんか殆ど自己満足の世界です。
それでも
「どりいって・・・嗚呼、あの制服で出てきたバンドね」
「途中で着替えたひとたち(笑)そんなんするバンド見たこと無い!」
「赤と黒で統一してるバンドやろ?」
そうやってちょっとでも、どりいのこと、覚えてもらえたら嬉しい。
目で見て、楽しんでもらえたならそれだけでも良かったと思う。

「キーボードのMCがおもろい!」
「ドラムのツッコミがよかった!」
アンケートにはそんな声も多数寄せられます。

「ギターの動きがプロっぽかった!」
今回はそんな感想もいただけました。

直立不動で唄う。それがその人のスタイル。
それだって全然ありだとおもうんです。
立っているだけで、その佇まいだけでオーラが出ているような人もたくさん居る。
だけど、わたしはそんなスタイルのボーカルではないから、自然と体が動くし、動くなって言われても動くし、それが自分。

まゆぅちゃんのコーラスや歌が入ってきたときは、まゆぅちゃんを見ちゃうし、それで目があって笑い合えれば「よっしゃ!」ってなる。
やぎぃとアイコンタクトが取れて、「ここ!!」って場所で合わせた動きが出来たら「よっしゃ!」ってなる。
和哉と目が合ってはニヤニヤ笑っちゃう。
そんなのもライヴの楽しみのひとつ。

演奏や歌は勿論大事なんだけど、それ以外の部分でも楽しもうって気持ちが前面に出てるから、それがお客さんにも伝わって
「仲よさそうな感じが伝わった」
「楽しそう!」
っていう感想を頂けたりもする。
とってもありがたいです。
もっともっとお客さんも巻き込んで、楽しいライヴが出来たらいいな、なんて思ったりもします。


1390-ready.jpg

着替え中、やぎぃと和哉が一生懸命、場をつなごうと喋っているのは、全部耳には入ってきていました(笑)
わたしたちふたりは兎に角早く着替えることに必死で、聞いてる余裕はなかったけどね。

ただ、気になっていたのは、どうかこの間にベースが復活してくれないか、ということ。
この時点で、わたしには一体何が原因でこんなことになっているのか、まったく判らなかった。
直前の練習でも、リハでも問題は無かったように思うし、其れがどうして本番になって突然?!という気持ちでいっぱいでした。

この着替え中はMCで繋いで貰おうと、長めに時間を取っていたし、この間になんとかなってくれないか、と、ただただ祈るしかなかった。

1391-neko.jpg

メンズたちも学ランを脱いで、黒シャツ×赤ネクタイ。
実は3人おそろいのリストバンドもしていたんだよ~。

着替えが終わって、残り後半5曲。
・・・ベースはどうなったのか??

スポンサーサイト


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。